音楽 PR

ロッキン2024チケットの倍率はどれくらい?当選確率を上げる方法やリセールについて紹介!

ロッキン2024チケットの倍率はどれくらい?当選確率を上げる方法やリセールについて紹介!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

この記事ではロッキン2024チケットの倍率はどれくらい?当選確率を上げる方法やリセールについて紹介!をお届けします。

今年開催のロッキン2024は25周年ということで蘇我とひたちなかの2会場で開催されることが発表されました。

ロッキンのチケットは抽選になりますが、多くの人気アーティストが出演する超人気イベントとあって昨年は2次先行で全日ソールドアウトになっています。

そうなると気になるのが今年のロッキン2024のチケットですよね?

チケット倍率がどれくらいなのか、当選確率を上げる方法やリセールについて調査したので紹介します。

 

ロッキン2024チケットの倍率はどれくらい?

昨年のロッキン2023は蘇我で開催され、5日間で合計26.5万人を動員しました。

今年のロッキン2024は蘇我ひたちなかの2会場でそれぞれ5日間ずつ開催されます。

チケット応募数や動員数をもとに倍率を見ていきましょう!

 

チケット応募数

チケット応募総数ですが参考の一つがXのフォロワー数になります。

5月時点でのロッキン2024のフォロワー数は約46.5万人です。

ちなみにロッキン2023の6月時点でのフォロワー数は約38万人だったので、昨年以上に注目されている事が分かります。

フォロワーの8割ぐらいの人が応募すると予想して約37万人、その中に同行者と一緒に応募している人もいます。

同行者は3枚まで申し込み可能なので、1人で最大4枚まで申し込めます。

1人、2人、3人、4人で応募できることになりますが、応募数を平均して2倍として計算すると37×2=74万枚になります。

さらにフォロワーではないけど応募する人も入れると約76万枚ぐらいの応募数になるのではないかと思われます。

また4枚で申し込む人が多い場合はさらにチケット応募数が増えることになります。

フォロワーからの申し込み予想約37万人のうち4枚で申し込む人が5割だとすると約18.5万人×4枚=約74万枚、残りを平均で2倍だとして18.5×2=37万枚。

足すと111万枚、フォロワー以外の応募数を足すと約113万枚ぐらいの応募数になるのではないかと思われます。

 

会場動員数

今回は蘇我とひたちなか2会場で開催されるのでそれぞれ見ていきます。

蘇我

蘇我スポーツ公園の収容人数は最大約22万人の規模だそうですが、セットや機材、関係者やその他の施設、安全面も考慮するとキャパ的には6.5万人ぐらいがいっぱいではないかと思われます。

ロッキン2023では5日間で26.5万人、1日あたり5.3万人の動員数でした。

今年のロッキン2024も同様もしくはもう少し増えるのではないかと予想し、5.5万人ぐらいではないかと思われます。

そうなると、5日間で約27.5万人の動員数ということになります。

 

ひたちなか

国営ひたち海浜公園では、コロナ前では1日あたり約6万~6.9万人を動員していました。

今回の動員数は1日あたり6.5万人ぐらいと予想します。

5日間開催されるので約32.5万人の動員数になると思われます。

 

チケット倍率

チケット応募数と動員数をもとに倍率を出していきます。

チケット応募数は①平均予想応募数②最大予想応募数で計算しています。

蘇我スポーツ公園倍率

①チケット応募数:約76万枚
動員数:約5.5万人×5日間=27.5万人

チケット応募予想数(760,000枚)÷動員数(275,000人)=当選倍率(約2.76倍)

②チケット応募数:約113万枚
動員数:約27.5万人(5日間)

チケット応募予想数(1,130,000枚)÷動員数(275,000人)=当選倍率(約4.1倍)

 

国営ひたち海浜公園

①チケット応募数:約76万枚
動員数:約6.5万人×5日間=32.5万人

チケット応募予想数(760,000枚)÷動員数(325,000人)=当選倍率(約2.33倍)

②チケット応募数:約113万枚
動員数:約32.5万人(5日間)

チケット応募予想数(1,130,000枚)÷動員数(325,000人)=当選倍率(約3.47倍)

今回2会場開催ということで、実際どのくらいになるかは難しいところです.

また、出演者によっても倍率が変わってくる可能性はありますね。

 

ロッキン2024チケット先行受付は何次まで?

 

倍率に関わってくるとすれば先行受付が何次まであるかも気になるところですよね。

ちなみに昨年のロッキン2023は2次先行受付まででした。

ロッキン2023先行受付
・最速先行受付  :4月 5日(水)12:15〜4月11日(火)16:00
・1次先行受付 :5月17日(火)12:15〜5月29日(月)12:00
・2次先行受付 :6月7日(水)12:15~6月19日(月)12:00

一昨年は3次先行受付まででした。

ロッキン2022先行受付
・最速先行受付  :4月5日 (火)12:00〜4月18日(月)16:00
・1次先行受付 :5月17日(火)12:15〜5月23日(月)16:00
・2次先行受付 :5月24日(火)12:15〜5月30日(月)16:00
・3次先行受付 :5月31日(火)12:15〜6月6日  (月)16:00

ロッキン2024は2会場で蘇我が8月、ひたちなかは9月に行われます。

それぞれ見ていきましょう!

 

蘇我スポーツ公園チケット先行受付

1次先行受付が5月15日(水)12:15~5月21日(火)16:00です。

抽選結果確認/入金期間が5月24日(金)16:00~5月27日(月)16:00になっています。

今回は最速先行受付は無く、日程的にも3次先行まであるのではないかと思われます。

そして、おそらく2次先行受付は5月29(水)12:15~6月4日(火)16:00、3次先行受付は6月19日(水)~になるのではと予想します。

※2次先行の抽選受付が5月29(水)12:15~6月4日(火)16:00で決定しました。

出演アーティストも続々と発表されていますね!

 

国営ひたち海浜公園チケット先行受付

国営ひたち海浜公園のチケット先行受付は6月下旬予定です。

おそらく6月26日(水)~7月2日(火)ではないかと思われます。

こちらも3次先行まであるのではないでしょうか?

 

ロッキン2024チケット当選確率を上げる方法は?

 

ロッキン2024チケットは先行受付で応募した人の中から抽選で選ばれます。

チケット当選確率を少しでも上げる方法があれば知りたいですよね?

いくつか紹介していきますので参考にしてみてください。

 

最速先行受付で申し込む

当選確率が1番高いのはやはり最速先行受付です。

出演アーティストが決まっていないのでこの段階で申し込めばかなりの当選確率になります。

ロッキン2023では、4月5日〜4月11日で実施されていました。

しかし、ロッキン2024では最速先行受付はありませんでした

そうなると確率が高いのは1次先行受付になりますね。

1次抽選の先行受付時にはまだ全ての出演者が決まっていないので、推しのアーティストの出演日を待って申し込まない人がいるからです。

1次先行受付の抽選は5月15日(水)12:15~5月21日(火)16:00です。

推しのアーティストがまだ決まっていなくても、気になるグループがいればとりあえず申し込みましょう!

 

初日と最終日を避ける

イベント初日と最終日は超人気アーティストの出演が多い傾向にあります。

また、特別演出なども考えられるため倍率が高くなると考えられます。

少しでも当選確立をあげるならば、初日と最終日を避けるのも1つの方法になるでしょう。

 

同行者と協力して申し込む

ロッキンチケットは代表者1名につき同行者3名の計4名分のチケット申し込みができます。

しかし代表者として申し込めるのは1回の先行あたり1回のみになります。

仮に同行者3名で申し込む場合に代表者を入れ替えての申し込みをすることで、申し込みが4回できるということになります。

1回より4回申し込むことで確立が上がるということですね。

しかし、運営側としてはおすすめしていません。

その理由は重複してしまうと、キャンセルが出来ないからです。

キャンセルは当選後は出来ないので重複した場合でも返金がありません。

またチケットは顔認証があるので譲渡や転売は出来ないようになっています。

でも当選したいですよね?

実際に重複して当選されている方も多くいらっしゃいます。

そんな時はチケット料金を諦めるのも仕方ないと思っている方もいますよね?

ただしロッキンでは、「どうしても用事ができて行けなくなってしまった」、「同行者が行けなくなった」という人も多くいるので、そういう人たちのために公式でチケットを譲渡できるサービスがあります。

取引が成立すれば、出品手数料を除いたチケット料金が返金されます。

しかも公式のサービスなので安心です!

それがチケットリセールになります。

チケットリセールは当選できなかった方の最後のチケットゲットのチャンスにもなるので、申し込み方法を知っておくと便利です。

 

ロッキン2024チケットリセール申し込み方法

 

リセールとは、チケットを購入した人がどうしても公演に行けなくなった場合にそのチケットを定価で希望者に再販できるサービスです。

チケット希望者は第3希望まで選択することができ、その希望チケットがマッチング運営側が抽選します。

ロッキンの公式のサービスなのでチケットを売る方も買う方も安心ですね!

 

リセール購入申し込み方法

一般チケット同様にリセールチケットも抽選販売になります。

リセールチケット購入申し込みは、以下の手順になります。

  1. 「Jフェス」アプリ内「チケット購入」を開く
  2. 「同行者の有無」を選択(同行者最大3名・同行者のメールアドレス登録が必要)
  3. 参加日を選択
  4. 入場希望時間を選択(第1希望~第3希望)
  5. 顔写真登録
  6. 代表者のお申し込み完了
  7. 同行者コード発行
  8. 同行者登録(同行者本人による会員登録・顔写真登録が必要)
  9. お申し込み完了
  10. 抽選結果確認・入金

※キャンセルや変更はお申し込み期間内に限り、代表者によりキャンセルが可能になります。

申し込み期間は発表があり次第追記します。

チケットリセールの倍率は高くなりますが当選したときの喜びはすごいですよね!

 

まとめ

 

今回はロッキン2024チケットの倍率はどれくらい?当選確率を上げる方法やリセールについて紹介!をお届けしました。

今年開催のロッキン2024は25周年ということで、蘇我とひたちなかの2会場で開催されるます。

チケット応募数や動員数によって変わりますが、おそらくロッキン2024のチケット倍率は蘇我で約2.7倍~4.1倍、ひたちなかで約2.3倍~3.4倍の間になるのではないかと思われます。

当選確率は先行受付が早いほど、また同行者と申し込むことで少しでも上げることができます。

それでも当選できなかった場合は、公式のリセールに賭けましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!